今や小売店の必須アイテム

今や小売店の必須アイテムとなったアイテムがPOSレジです。このPOSレジを使うことで簡単に店舗管理を行うことが出来るため、小売店によっては効率的な店舗運営を実現することが可能となりました。そんなPOSレジの導入を検討している方に向けたサイトがこちらです。

POSレジは様々なタイプがありますが、ご自身のお店に最適なタイプのレジを選びたいと考えている方はこちらの比較サイトを上手に活用しましょう。というのも、こちらのサイトでは簡単に各POSレジが持つ魅力を知ることが出来ます。

店舗管理をより一層効率的に行うためには各店舗に合わせてPOSレジを設置する必要があります。そのため、徹底的に比較をすることが重要となります。このサイトではその比較が簡単なため、POSレジを設置したいと考えている方は活用しましょう。

POS+(ポスタス)

総合評価 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
POINT
多言語に対応して海外進出をするために役に立つ
売上の状況をリアルタイムで集計できる
POS+(ポスタス)なら店舗の運用を効率化できる

POS+(ポスタス)はクラウドPOSで持ち運びをしやすく、店舗の販売動向をリアルタイムで集計することができ単純な操作のため使いやすいです。店舗を運用する時は商品や従業員の管理を効率化し、データを的確に分析しやすくして人件費を減らすと利益を出せます。

POS+(ポスタス)はトラブルが起きて困った場合にも365日対応し、すぐに店にスタッフが来てもらえるため業務に支障がなく使えます。POSレジは売上の状況をリアルタイムで記録でき、売れ筋の商品や客層の動向などを分析できるため他の機種よりも効果が高いです。

POS+(ポスタス)は様々な言語に対応するため海外の企業などとも情報交換ができ、他のPOSレジにない機能があるため幅広く使えます。売上を伸ばすためには利用者のニーズに応え、販売動向を記録してデータを分析して方針を決めるきっかけにすると便利です。

ユビレジ

総合評価 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
満足度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★
POINT
継続率が高く安心して使いやすいこと
多くの店舗が導入した効果を実感していること
全世界で多くの店舗が導入していること

ユビレジはPOSシステムで売れ筋などのデータを分析するため、客数を伸ばして利益を出すためのきっかけになることが特徴です。POSレジはただ単に会計をすることだけでなく、商品の販売動向を分析して最適な数量を注文するためのきっかけになるように決める必要があります。

ユビレジは導入する店舗や企業が多く、口コミや体験談などでも高い評価のため目的や規模に合わせて導入しやすいです。POSレジは様々な種類があるため内容を比較し、会計業務だけでなく商品管理や店舗管理などを効率化すると役に立ちます。

ユビレジは店舗の規模に合わせて使い分けることができ、大型になると取り扱う商品の数が多くデータを的確に分析しやすいため便利です。POSレジは商品の販売動向を正確に記録して管理しやすく、利用者のニーズを確かめて計画を立てるために参考になります。

スターPOS

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★
POINT
店舗顧客管理や分析や情報の共有ができること
導入するための初期費用が安いこと
クラウド型のため場所に縛られずに使えること

スターPOSはクラウド型のため様々な場所で使え、販売動向を記録することだけでなく多くの情報を分析できます。POSレジは必要な人員を減らすきっかけになるため、使い方を把握して実績があることや機能や料金を比較して選ぶ方法が望ましいです。

スターPOSは多くの販売店で導入され、持ち運びをしやすいことやスペースを取らないため安心して設置しやすいことで評価が高いことが特徴です。店舗を運営する時は商品だけでなく従業員の勤怠管理をすることが求められ、作業を効率化できるように使うと利益につながります。

スターPOSはクラウド型のため移動中でも知りたいデータを分析でき、改善するきっかけになるため有意義に使えます。使い方のコツはサイトの動画を見ると分かりやすく、きっかけをつかむと作業を効率化して人件費を減らせるため効果が高いです。

はんじょうPOS

総合評価 ★★★
サービス内容 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★
POINT
従業員に不正をさせずに正確なデータを記録できること
安心して設置できサポートしてもらえること
飲食店の経営者が開発しているため売上管理をしやすいこと

POSレジはただ単に会計操作だけでなく在庫管理などをするため作業を効率化でき、人件費を削減するきっかけになることがメリットです。最適な機種を選ぶ時は対応する機能の特徴やかかる費用を確かめ、店舗の利益につながるように決めると効果があります。

はんじょうPOSは他社と比べると導入するための費用が安く多彩なサポートがあり、店舗の販売管理などをするために役に立ちます。POSレジはスマートフォンなどでも操作ができると便利で、はんじょうPOSは24時間サポートをしているためトラブルにも対処しやすく便利です。

POSレジは店舗の規模によって作業を効率化できるように決め、商品の動向や従業員の勤怠管理を一括してできるように選ぶと人件費を減らせます。はんじょうPOSはすべての項目に対応しサポート体制が充実しているため、運用を効率化するために導入すると効果的です。

SYNKA

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★
使いやすさ ★★★★★
満足度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
POINT
スマートフォンとハンディを兼ねているため使いやすいこと
2種類のPOSレジモードを切り替えられること
省スペースでも気軽に導入できること

SYNKAのPOSレジは飲食店や美容店向けの機種であり、スマートフォンとハンディを兼ねているため使いやすいです。導入する時は初期費用がかかることを不安に思われがちですが、この機種は無料のため気軽に設置しやすく経費削減に役立ちます。

POSレジを使う目的は販売動向を正確に管理し、売上を伸ばすきっかけにすることや利用客のデータを記録すると効果があります。SYNKAは様々な機能があるため有意義に使え、人件費の削減をして売上を伸ばす方法として導入すると便利です。

飲食店や美容店は規模が大きいと利用者が多く、すみやかに対応できる状況を作り回転数を高める必要があります。POSレジはオーダーを取るとすぐに内容を伝えるなど時間を短縮しやすく、状況に応じて機能を使い分けると効果が高いです。

ラクレジ

総合評価 ★★★
サービス内容 ★★★★★
使いやすさ ★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
POINT
軽減税率対策補助金の使用でレジ導入費用は2/3に抑えることができます
パスポート情報を専用パスポートリーダーで読み取り免税機能にも対応できるスグレモノ
年中無休のサポート付きでフレッツ光を使用した場合初期費用0円で始めることができます

POSレジが現代の支払システムで多く活躍している機器の一つと言えるほど重要な役割を果たしています。POSレジの他にもプリンターやお金を入れておくドロワーなども必要になり軽減税率対策補助金の使用するとレジ導入費用は2/3、バーコードリーダーなどの周辺機器は2/3、タブレット端末は1/2と補助額は1台当たり20万まで補助してくれます。

中でもiPadやWindowsタブレット上で動作するラクレジの操作はとても簡単に行うことができ、会計中の保留機能や返品機能など在庫が誤ってしまった場合にもすぐ修正することができます。フレッツ光のインターネット接続とプロバイダー契約をした人には年中無休のサポート付きで3000円から始めることができます。

それにラクレジでは、最近での外国人観光者の対応も免税機能にも対応しており、手間なく行うことができます。専用のパスポートリーダーで読み取り、免税販売となる範囲をラクレジで自動で判定し、必要な資料をプリンターで出力してくれます。従来していた購入記録表の作成や購入者誓約書などの書類がこのラクレジでスムーズに行うことができます。

POSレジにあると良いのはバーコード装置

商品の多くには、バーコードが付けられています。パッケージに印刷されていることもありますし、後から別途シールを貼り付けている場合もあります。同じように見えますが、幅や本数などが微妙に異なり、別の商品であれば識別できるようになります。
このバーコードを読み取ることができるのが読み取り装置です。ハンディタイプであったり、かざして利用するものもあります。店舗などでは、POSレジを使うことがあります。沢山の商品の精算をするとき、それをいちいち見ながら価格を入れるのは大変です。価格の打ち間違いなども生じる可能性があります。
バーコードを使って情報を読み取れば、機械が自動的に入力してくれます。バーコードには、価格情報以外に商品情報も入っています。ですから、何がいくついくらいつ売れたかなどの情報を瞬時に記録することができます。


POSレジを有効活用することによって

POSレジがありますと、仕訳を自動的に行えますし、販売戦略を立てやすくもなります。POSレジはコンピューターに繋がっていて、ネットワーク化を図ることもできます。複数店舗の経営を行う時は、ネットワーク化を考えることが大切です。
レジから販売に関する情報を得て、コンピューターで解析するという流れを作ることは、とても有益です。商品の販売情報から得られることはとても多くて、時間帯ごとの商品の販売量を知ることは、とても重要です。季節や気候や気温による商品の売り上げの変化を知ることも、POSレジによって可能となります。
レジからデジタル情報を得ていくことで、統計解析はさらに精度を増していきます。日々の販売から得られるデータを活かせるシステムを持つことによって、戦略的な販売が可能となりビジネスで高い競争力を保つことができます。


POSレジの有効利用で得られるメリット

POSシステムにつきましては、POSレジ及びパーソナルコンピューターとの協働が絶対必要です。ショッピングに行ったとき、レジにおいてバーコードをリーディングすると即座に総額が読み取れ、商品についての情報がレシートに記されます。現代では当たり前みたくなっているこうした過程でもPOSシステム自体が奮闘しています。
それに加えて、ただ単にバーコードを読むだけでなく、いずれの製品に評価を集めているのか、あるいはクライアントの層や、お天気模様などに応じて売上総数のデーターそのものを出せます。残っている商品が減少したら機械的に発注出来ますし、チェーン店舗ならば日本各地の店のパーソナルコンピューターをPOSシステムで結び、集結したデータベースをマーケティングにおいて生かすことができます。
店では出退勤管理に関してもPOSシステムで実践していますので、給与計算に関しても楽にできるようになります。店のスケールが大きくなるほど、POSシステムを用いることで販売数増加、あるいは従業員にかかる費用削減など、いろいろな面で貢献することでしょう。

PAGE TOP