TOP > POSレジ情報 > 在庫管理はPOSレジによる在庫把握から

在庫管理はPOSレジによる在庫把握から

 POSレジは、適切な在庫管理でも役立ってくれます。利益を出せる販売店にするにはどうすればいいのでしょうか。それには、まず現状を把握することから始めなければなりません。どれだけの在庫があり、どれだけの売上があるのか、またどのように売れているのかを知ることも大切です。複数の店舗がある場合は、店舗ごとの在庫状況を一括して考えることも必要です。
ある店舗では売れているのに、他の店舗では在庫が余っていることは良くあることです。POSレジを活用しリアルタイムに在庫を把握することで、在庫があるところから売れているところに商品を振り分けることもできます。店舗間の在庫を調整することで、過剰な在庫を失くしチャンスロスを防ぐこともできます。在庫の多さと在庫切れに悩んでいるとしたら、過剰在庫の抑制と回転率のアップにPOSレジが役立ってくれるでしょう。


POSレジで売上倍増を目指しましょう

 POSレジの導入を行うことで、店舗の売上状況をリアルタイムに把握出来るように変わっていきます。小さな商店等では、いまだにキャッシュレジスタと伝票による会計処理をしていたりもしますが、手計算の場合には、誤入力も発生しがちになってしまい、月末の締め時間も、必要以上に掛かっていく可能性があります。不況の現在では、適正在庫を維持しつつ、確実な売上計画を実践していく必要があります。
売上の数字の集計に時間がかかっているようでは、適切な在庫計画を実施することも出来ませんし、問題点の洗い出しも難しかったりします。常に正確な数字を把握し、経営者の方が方向性を検討していくためには、POSレジによるリアルタイムな経営数字の把握が重要です。最近はPOSレジもクラウド化が進み、導入に関するコストも安くなっています。チェーン展開等を意識し、前向きな投資を検討していきましょう。


POSレジは作業の効率化とデータ収集が可能

 レジにも色々ありますが、POSレジを導入する事で業務を効率化させられます。POSとはPoints of salesという言葉の略語であり、販売時点という意味です。1日の業務が終わればその日の売上等を集計しなければなりませんが、それを1日の最後にまとめてやっていると残業続きになってしまいます。しかしPOSレジは商品を販売した時点で売上が管理されるので、1日の最後にまとめてやる必要もありません。
データ収集をしたいお店でも、どの時間帯、どの商品が、どれだけ購入されたかについても販売された時点でデータとなり管理されますし、リアルタイムでデータを見る事が出来ますから在庫管理と連携をする事でお客様にその時点で在庫があるかどうか聞かれてもすぐに答える事が可能です。どの商品が売れ行きなのかも把握出来るので、POSレジは作業の効率化だけではなく、何を売れ筋商品として全面的に押し出して行くかについての参考にもなります。

次の記事へ

PAGE TOP