TOP > POSレジ情報 > 業務を効率的に行う仕組みがあると助かる

業務を効率的に行う仕組みがあると助かる

 商品の販売や飲食店などでは、代金の精算を行います。最も簡単なのは、店主が頭の中で計算をし、お金の受け取り、お釣りの計算、そしてお釣りを渡す行為をすべて人の力で行う方法です。毎日のように行っていれば決して難しいことではありません。ただ、人が行うときにはそれなりに計算ミス、作業ミスがあります。
 また、商品の販売などでは、アルバイト定員が精算業務を行う場合があります。店主などと違って、日常的に計算を行っているわけではありません。沢山の買い物があったとき、それを暗算したり、お釣り計算をしたりするのは大変です。
 この時に助かるのがレジシステムです。商品などを打ち込めば計算をしてくれ、お釣りの計算もしてくれます。それをレシートとして紙にも打ち出してくれます。最近はこのデータを保存するPOSレジが主流です。販売した時点の情報が集まるので、経営分析などに役立ちます。


 普通のPOSレジの場合、基本的には自分で代金や商品を打ち込みます。その入力ミスをなくすものとして、周りにあると便利なものにバーコードスキャナーがあります。商品にはそれぞれバーコードが付けられている場合があり、そのバーコードに商品コードなどが付けられています。機械の中に商品コードと商品名、価格などが設定されているので、バーコードを読めばそれぞれの商品のデータを自動的に打ち込めます。
 バーコードスキャナにはいくつかの種類があり、ハンディタイプであったり、固定式があります。スーパーなどでは固定式が多いですし、ホームセンターなどではハンディタイプが多いです。手で打ち込めばミスをする可能性があるので、できるだけミスを減らしたいときに助かります。


 一般的なレジシステムは、一応お金をストックするスペースが用意されています。精算ボタンなどを押すと開き、そこにお金を入れたり、お釣りを取り出したりします。手作業でお釣りを取ろうとするとどうしても多すぎる、少なすぎるのミスがあります。
 追加で利用できる便利なものとして、自動釣銭機があります。まずお客さんからのお金を投入します。一応人の目でいくら受けたかを確認してから投入します。機械が自動的に読み取り、お釣りを計算して自動的に出してくれます。それをお客さんに返せば、お釣りのミスを減らせます。
 また、ポイントシステムなどを導入したい場合のポイントカードリーダーなどがあります。カード内に情報が書き込め、ポイントの追加、ポイントでの支払いなどに対応できます。クレジットカード、電子マネー精算に対応する周辺機器もあります。

次の記事へ

PAGE TOP