TOP > POSレジ情報 > POSレジの上手に使いたい管理機能

POSレジの上手に使いたい管理機能

商品のお会計に活躍するレジは、時代の変化とともに機能が強化されています。
近年はPOSレジの導入が急速に進められていますが、これは経営を左右するほどの強力なデータ管理機能が備えられているからです。
POSレジは商品を単品で登録できる機能があるため、時間帯別や日別といった詳細データの分析が可能となっています。
例えば、特定の時間帯に売れる商品を確認した場合、タイムサービスといった販売強化により、集客と確実に結びつけることができるでしょう。
また、小売店の品切れや飲食店の材料切れによる機会ロスが防止でき、過剰在庫のような廃棄ロス削減にも効果を発揮します。
いずれにしてもPOSレジは機能を理解し、単なる計算機としてではなく、上手に使いこなすことがポイントです。
基本機能以外は別プランで契約することもありますが、ポイントカードの顧客管理から勤怠管理まで幅広く活用できます。



POSレジのメリットはデータの活用ができる

POSレジを活用するとPOSデータを扱うことができます。
POSデータを利用するメリットとしてどんな商品やサービスがどんな場所で、いつ、どれぐらい数量が売れたからということを即時確認することができます。
データを把握することによって商品棚の構成を見直したり、商品開発を行ったり、店舗にて販売やサービスキャンペーンを行ったりとさまざまなことに活用することができます。
POSデータはその日の販売実績だけでなく長期間での販売情報を時系列化することができ販売分析を行うことができます。
時期によってどんなキャンペーンを行ったら効果的なのかといった年間を通した販売施策を行うことができます。
年間の販売施策を行うことによって無駄な広告やプロモーション活動を省くことができ、効果があるものだけを行うことができるようになります。



POSレジはさまざまな業種で利用できる

POSには商品の名称や価格、数量、販売した日時など販売の記録で、POSレジはPOSを使って販売情報や打ち込んだレジスター、情報を記録しておくデータベースで販売記録を取りそして記録を使ったりとコンピュータなど関連する仕組みです。
最近はPOSデータはネット経由でクラウド上に保管されることも増えています。
POSデータの流れはPOSレジで販売データを打ち込み、データが送信されてデータベースに保存されますがデータベースに保管されている情報はパソコンなどを使って店舗以外でも閲覧することができ、情報を取り出したり加工したりと情報分析に利用することができます。
レジスター専用機は会計をし、レシートを発行する機能がありますが、POSレジには会計機能だけでなく座席予約管理機能や顧客管理システム、在庫管理システムなどが含まれていて、小売店だけでなく、飲食店やエステサロンや美容室などさまざまな業種にて利用することができます。

次の記事へ

PAGE TOP