TOP > POSレジ情報 > POSレジシステムでの一元化による分析能力

POSレジシステムでの一元化による分析能力

 各店舗で発生するその日の売り上げ、毎月の売り上げ実績、利用された顧客の情報や在庫の情報などを、本部で一元管理が可能となってるPOSレジシステムを活用することによって、比較や分析が出來るだけでなく、それを今後の事業拡大などに利用出來るようになるということです。各店舗ごとの経営戦略など計画しやすくなったり、スピーディーな事業拡大のサポーターになることは間違いないです。
 実際にこのシステムを導入している飲食店の事例を参考にしてみることで、全国に幅広く、チェーン展開している店舗の場合、担当者がいちいち店舗に足を運ぶ必要もなく、詳しい情報を把握出來るということです。各店舗で行われている実績を、本部で把握出來ることによって、サービスの充実を図るための戦略を個別に立てることも可能となり、特色のある店舗運営が期待出来ます。


 POSレジは商品の管理に向いています

 POSレジは、どの商品がいつどれだけ売れたのかというデータが蓄積していけるシステムになっています。これにバーコードリーダーを連結させたものが、ほとんどのスーパーのレジでは採用されています。それによって、どの商品が売れていっているのかというのが、データ化することが出来ます。在庫の管理や発注といったところにも影響がでてきます。
 昔ながらの手打ちのレジスターでは、金額のみの入力しか出来ないので、商品の管理まですることが出来なかったです。それをお会計の時に、同時に行うことができる画期的なシステムです。即座にデータが積み重なっていくので、すぐに商品がなくなってしまうかもしれないということも予測する事が出来ます。後から、在庫を管理して、発注量を考える手間が省けるのも素晴らしい機能です。今は大手のスーパーではどこも取り入れています。


 注目度が増してきているPOSレジの話

 店舗で買い物をする時、レジを通して決済するのが普通ですが、そのレジが機能面で進化を遂げ続けています。従来のレジはキャッシュレジスターという名称で、買い物の際のお金の決済や管理をする道具です。レジといわれてイメージするのは、客商売をしていない方の場合、このキャッシュレジスターのことをイメージする方が多いでしょう。
 一方、POSレジは従来のレジの機能に、購入者のデータや商品の売れ行きなどを収集する機能が付属したレジのことです。POSレジはリアルタイムでのデータ集計や管理、分析を即時に行えるので、マーケティングの動向や消費者の需要などをすぐに把握することが出来るようになっています。買い物利用客のデータ収集によって、売れ筋商品の細かい詳細情報がわかるようになるので、新しい商品開発の参考にも役立っています。

次の記事へ

PAGE TOP